スプリングピストン方式

エアライフルの発射機構の一種で、バネがピストンを押し出す空気圧を利用してペレットを発射する方式です。

50年ほど前のスプリングピストン式はバネの威力が弱かったため、子供でも扱えるオモチャの空気銃として出回っていました。しかし近年では高張力のバネが安く作れるようになるなどの技術改良が進んだことで、高威力で安価なスプリングピストン式が多くリリースされるようになりました。

P.C.P方式のようにエアを長時間ためておく必要が無いためエア漏れなどの故障が少なく、また堅牢で耐久力があることも大きな長所で、散弾銃・ライフル銃のサブの銃としてや、メインのP.C.Pエアライフルの2挺目として人気があります。