ショックアブソーバーシステム

 

スプリングピストン式エアライフルにおいて、ピストンがシリンダーを叩くのを防ぎ、照準をより正確にするための装備です。

スプリングピストン式ではペレットが発射される寸前に、バネで押し出されたピストンがシリンダーの端を叩いてしまい、力が反射して銃身を大きくブラしてしまいます。

そこでスプリングピストン式エアライフルの中には自動車のサスペンションのように、バネとダンパーの作用で発射後の反動を抑える、ショックアブソーバーシステムと呼ばれる機構が装着されています。