ブルパップ

ペレットを発射する機関部がトリガー(引き金)よりも後方に位置するタイプです。重心がちょうどグリップ(握り)の位置にくるため構えやすく、またスコープを取り付ける位置が高くなるので遠くのターゲットも狙いやすくなるといったメリットもあります。