ローマ時代の剣闘士が持つ小型の短剣『グラディウス』の名を冠するこのエアライフ

ルは携帯性に特に優れており、木々が生い茂る山や森でのハンティングで高い効果

を発揮します。グリップよりも機関部が後部に位置するブルパップというスタイルが

採用されており、重心が後ろにあるため長く持ち歩いていても疲れが少なく、また姿勢

が取りやすいので初心者の方でも安心して扱えます。

●スタイル


●スペック


●カラーリング


2018年1月 グラディウス 5.5㎜

猟歴11年の福岡県在住のKさん。

ガス式エアライフル・HOWA55Gからグラディウス5.5mmに乗り換えての初のエアライフル猟でコガモ2羽とヒドリガモ1羽を仕留めました。親子でも安心して同行させることのできるエアライフルハンティングの魅力を語っていただきました。


***エアライフルとは思えない重厚感、命中精度も◎***

私はグラディウスの他にも、もっと高価なブルパップ型エアライフルをいくつか持っていますが

それらにはグラディウスにあるような便利な調整機能は付いていません。

特にパワー調整ダイアルがいい感じ(私の持ってるエアフォース社のコンドルと同じだ)。
なお、工場設定のトリガーは重く感じられたので調節してもらったところ命中精度が大きく改善しました。


頑丈な作りの弾倉が4つもついてくるので、追加で買う必要がないのは嬉しいですね。
他のブルパップに比べて若干重いと思いますが、私は前後のバランスが良いと思うであまり気にはなりません。

アジャスター付きのストックのお陰でスムーズに射撃体勢がとれます。

何種類かのペレットを試してみましたが Crossman Premier .22 Hollow pointsの結果は特に良好!

JSB Jumbo Exact 18.13、そしてJSB Match13.73も非常に良く、50mで弾痕が重なるほどです。

皆さんご存知のように、ハッサンのエアライフルは戦車のようにタフに製造されているので重量はあります。

ただ、持っているうちに慣れます。

・・・もちろん、もうちょっと軽いにこしたことはありませんが。
ただし、これは私だけかもしれませんが、発射時のping音(※)の音質があまり好みではありません。

「de-pinger」を装着する改造をしようと考えています。発射音が小さいだけに気になります。
(※ハンマーが弁に当たる時にシリンダー内に反響することで発生する高い音)
なお、私の友人が所有するカリバーガン社のクリケットはグラディウスよりも軽いのですが(その代わり値段は高いが)、

命中精度は同等でした。
最後に、空気をハンドポンプで充填するのは大変ですが、いい運動になりますよ。


***ブルパップスタイルで疲れを感じさせない***

買ってから、10発ほどでサイト調整ができました。命中精度は非常に良いです。
約40m離れたところから2,3発づつが同じ弾痕にグルーピングします。
ただ、私が手にした最初の銃は、たまにうまく回転しないことがあったので修理をしてもらいました。

それ以降は問題はありません。

カタログに表示されてある重量は参考になりません。

他のレビューでも皆さん「この銃は重いけれどもバランスが絶妙なため重さを感じない」と書きますが、私もそう思います。

頬付けも発射の操作もスムーズにできるので、スペック表示されている重量よりもはるかに軽く感じます。

ちなみに私の体格は175cmで90kgほど、ぽっちゃり体型で、まったく屈強な方ではありません。

普通の大人であれば、この銃を一日中森のなかで持って歩けるはずですよ。

ケースや替えマガジンもついてくるのでとても良い買い物だと思いますよ。
なお、銃床に内蔵してある替えマガジンがかたくて取りずらいなと毎回感じますが、森のなかで落としてしまうリスクを考えると、仕方ないかもしれません。


¥280,000 (税込み)

¥345,000 ポンプセット)

¥370,000ポンプ・スコープセット)

※モニター販売は終了いたしました。